フェアトレードに関心のある関西の学生中心でつながるネットワークです。イベント情報や各団体の紹介をしていきます。


by ftsnkansai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:■FTSNコラム( 3 )

こんにちは、FTSN関西の清水です。

10月29日(土)神戸フェアトレードセミナーに行ってきました。今日はその感想を少し。

フェアトレードセミナーでは1部は新貿易ゲーム、2部は生産者の方のお話でした。
1部で貿易が世の中の人々の生活にどのような影響を与えているのかを考え、2部で生産者と消費者の問題を考えました。

まずは、率直な感想。

おもしろかった。ただただこれに尽きますね。

では、1部の感想からいきましょう。

『新』貿易ゲーム。頭に『新』とついてましたが、『旧』を知らないため、どのあたりが『新』なのかはわかりませんでした(;^_^)
そんな事はさておきゲームの説明から参りましょう。

新貿易ゲームでは、参加者を6つの国に分け、ゲームスタート時に資源をもらいます。その資源はそれぞれの国で差がありました。それを他国と交換しながら、商品を作り、販売し、ゲーム終了時にたくさんのお金を稼いでることを目指します。

とまあ、こんな感じのゲームです。言葉で書くと伝えにくいのですが、実際やってみるとこれがおもしろい。すぐにのめりこみました。
他国と交渉する時は、どんな条件で契約すれば自国が利益を上げられるのか。作った商品の価格が暴落すればどうするのか。というようにさまざまな事を考えながらゲームを進めていきました。かなり頭を使います。また、時間を決めた道具の貸し借りも行うので、期限が切れそうな時には走ってみたり、体も使います。

ゲームの中で感じたのは、取引条件や取引相手を決めることなど、自分がした事が正しい事かどうかは後にならなければわからない。実際の世界と同じですね。それでも、正しいと信じる事をやりながら『ゲーム』を進めます。
商品価格が高騰して、大きな利益を上げている国がありました。成功例ですね。
私の国の場合は作った商品は価格が暴落してしまい、大変な事になりました。失敗例ですね (;^_^)
それから、商社チームに低賃金労働をさせられている国もありました。『ゲーム』とついてはいるがあなどれません。

今回のセミナーの貿易ゲームでは、大人も子供も日本の人も海外の人も様々な立場の人が参加していたため、交渉方法にも幅があり楽しかったです。国によっても取引条件の厳しい国、やさしい国、援助してくれる国、相手にしてくれない国。それぞれのカラーがありました。
そうそう、とてつもなく厳しい交渉をする人とゲーム後に話すと実はすごいやさしい人だったり。こんなギャップもおもしろかった理由の一つです。

ゲーム終了後のディスカッションでは、さまざまな社会問題について勉強できました。しかし、社会問題を知ることはできても、では具体的にどうすれば是正できるのかという事は私にはまだわかりません。これから考えていかなければならない宿題ですね。

という感じで『新貿易ゲーム』は楽しみながら国際経済や交渉それに国際問題を疑似体験できるかなりお勧めのゲームです。


さて、2部の感想に進みましょう。長くなってきましたが、もうしばらくの辛抱です。

2部はフィリピンの生産者の方3名のお話でした。

私はフェアトレードの啓蒙活動をしていますが、生産者の方と直接のつながりはありません。そのため、今回の生産者の方の意見が聞けるというのはとても有意義な時間でした。

今回はお話の中で感じた事の一部を紹介します。
マニラでアパレルや雑貨を作っている団体の方のお話の中からです。

フェアトレード商品を購入する人は伝統技術が使われていたり、自然素材の商品を欲するようです。私もそうですね。国際協力と環境をあわせてフェアトレードだと考えいるからか、自然素材のフェアトレード商品が欲しいなと考えてしまいます。けれども、現在途上国では化学繊維が市場にあふれ自然素材の繊維が手に入りにくくなってきているようです。大きな生産者団体なら素材作りから行う事もできるかも知れませんが小さな団体では難しいようです。なんせ今回お話してくださった方の団体は完成度の高い商品を作るためのミシンがない。ミシンが必要なんだとおっしゃられてました。大変な状況ですね。何とか変えていかなければ。
ここで思ったのが生産国の現状と消費者の欲求の間にギャップがある。このギャップを埋めていくことがフェアトレードを進めて行くのに必要なんだと思います。さて、それではどうしていくのかというのは、これまた宿題ですね。

今回の感想はこれにておしまい。
少しといいながら長い文章を最後まで読んで頂きありがとうございました。
また、何か書く機会があるかと思いますが、その時は温かい目で見守ってください。

追伸:会場である神戸学生青年センターのロビーではフェアトレードフェアをやっていて、様々なフェアトレード商品がそろっていました。いろんな団体のフェアトレード商品が同時に揃う事はなかなかないので、行ってみるとおもしろいと思います。近くに行かれた方はぜひ!ちなみにフェアトレードフェアは11月7日までです。
[PR]
by ftsnkansai | 2005-11-23 17:47 | ■FTSNコラム

九州上陸!!~福岡編~

遅くなりましたが、九州上陸!!報告第2弾福岡編です。
→『九州上陸!!~大分編~』はこちら
10月14日の晩別府で1泊し、朝早く電車で福岡へ。

APUのOnes’1の門脇なおちゃんも一緒に旅をお供することに☆

c0030032_18574694.jpg

*写真は、別府駅にて。なちゃんと私の親友かおり。
別府駅のアナウンスは様子がおかしい。。
「べっぷ~~↑」って言うんですが、言葉じゃ表せません(笑)



福岡へは、
FTSN九州代表の森田あかねちゃんが関わっている、
「地球市民どんたく2005~元気バイ福岡。やるバイ国際協力!」で催されるフェアトレードファッションショーに2日間出演するために駆けつけました。

あかねちゃんは、元々京都の大学でFTSN関西で一緒に活動していた仲間です。
実家福岡にある大学院に進学するために、帰郷してしまったので、寂しい思いをしているわけですが、
あかねちゃん率いる福岡では、葦~asi~という団体が立ち上がり、このファッションショーも葦が手がけています♪
さすがあかねちゃん!!

しかも、FTSN東京のうっちーこと内田陽子さんが、帰省のため福岡に帰ってきており、イベントにも駆けつけてくれました!
東京・関西・九州でプチジャパンでした(笑)
久々にみんなに会えて楽しかった♪♪

ファッションショー1日目は、みんなで演出を考え、練習をしました。
みんなノリノリで踊ったりしてましたが、私はそういうキャラではないので恥ずかしかったです…。
実際、本番も歩くのが早いとバッシングされました;
1日目はこんな感じで、反省もしつつ明日にかけることに…。
足引っ張ってごめんなさい↓

c0030032_18582290.jpg
*写真は、控え室の様子。みんな全然緊張していなくて、すごい!


このイベントは、ファッションショー以外にもいろんな国の音楽や踊りなども催されていました。
会場内では、NGOブースや講演会やワークショップなどもありました。

講演会では、うちの大学の中村尚司教授が講師に来ておられ、ここまで来て話をお聞きするとは思わなかったです!
私の最も尊敬する教授なのですが、何だか運命感じました☆☆
先生のファンだといううっちーも、初めてお会いできて感激していました。
その晩、メーリングリストで報告するほど(笑)
確かに、とってもいいことおっしゃられていました。

「1ドル以下で生活する貧困層。
人と人との関わり合いなのだから、数字など関係なく交流するべきである」


さらには、今回熊本に行きたくて行けなかったのですが、なんと熊本のフェアトレードショップ・ラブランド代表の明石祥子さんがこのイベントに来ておられました!
明石さんは、熊本で10年以上フェアトレードショップを営んでおり、明石さんと出会ってフェアトレードに魅了された学生が大勢いるほど、とっても影響力あるステキな方です!
そんな明石さんの噂を聞いていて、是非会ってみたいと思っていたら、ここでお会いできて感激でした☆☆
舞い上がってしまいましたが、本当にステキな方で、フェアトレードの魅力って、人にあるのだなあということが実感されました。

c0030032_18585327.jpg

*写真は、NGOブースの様子。

二日目のファッションショーでは、反省点も活かされとってもいいものに仕上がりました!!
私は相変わらず照れてましたが…。

このファッションショーを手がけた葦の皆さん、お疲れ様でした!!
これからもステキな活動応援しています!!
さすがあかねちゃんという感じで、いい仲間が集まったみたいなので、めっちゃ期待しています!!

FTSN関西も、それぞれの所属団体さんの活動を応援しつつ、ああFTSNがあって良かったねーと言ってもらえるようなネットワーク組織にしていきたいな、と改めて思いました。
この旅を通して、私は実際FTSNがあって良かったと心から思うので、緩やかでありながらも、「顔が見える関係」を築いていけたらと思います。
この旅で再会した九州の仲間が、神戸でのイベント絶対行くね!と言ってくれたこと、嬉しかったし、このつながりがかけがえのないものだと思いました。

そしてもう一つ嬉しかったのが、私の親友を引き連れたのですが、元々フェアトレード活動しているわけではなかったのですが、私の活動を理解してくれたまに手伝ってくれていて、今回の旅で価値観も180度変わったと言ってくれたことです。
みんながキラキラ頑張っていて、そんな姿を見て、フィールドは違うけど自分なりに頑張ろうって言ってくれました。
なかなかこういう活動は、身近なところが一番変えにくいものです。
だけど、一番大学で仲の良い友人が、いい刺激を受けてもらえたというのが、大きな意味になると思いました!



まだまだ書ききれない出会いもたくさんあったのですが、この旅でお世話になった方々に心から御礼を申し上げます!!
ありがとうございました!!
また時間見つけて絶対行きますね!!
今度の合宿は別府で温泉三昧で決まり(笑)



(文責:山根 実紀)
[PR]
by ftsnkansai | 2005-11-04 18:59 | ■FTSNコラム

九州上陸!!~大分編

しばらく更新していない日々が続き、大変ご迷惑おかけしております・・・。

もっとブログという気軽に情報発信できるメリットを活かして、FTSNの活動報告はもちろん、FTSN所属の団体やメンバーによる活動報告や、FTSNの柱となる人とのつながりの大切さをもっと伝えていけたらな、と思っています。

というわけで、少しずつですが、FTSNコラムという新メニューを加えまして、ブログの充実を目指していきたいと思います★★

第1回目は、FTSN関西代表・山根が、コラムをお届けしたいと思います!!


『九州上陸!!~大分編』


10月13日の夜フェリーで12時間かけて、大分そして福岡に訪問してきました!
3日間という短い時間でしたが、ステキな出会いや充実した時間を過ごして参りましたので、ご報告します。

まず、なぜ大分と福岡!?ってことなんですが、これもまた近々報告する予定ですが、FTSN-Japanの京都合宿がありまして、九州の仲間と再会してむしょうに九州に行きたくなったのです。
FTSN関西が設立されてから約1年という歳月が経ちますが、私はまだ関西代表として九州に行っていませんでした。
というのも、春までは龍大JITの活動で精一杯だったということ、それ以後はFTSN関西を主にしていたものの自分の進路で忙しかったということ、それだけでなく、きっとまだまだ視野が狭く、自分に自信がなかったのかもしれません。

やっと今回3回目の合宿で、今まで以上に、大分のAPU(立命館アジア太平洋大学)の子や宮崎の仲間と話すことが出来て、やっぱりちゃんと自らの足で彼らの地域の足を運び、彼らが取り巻く環境に触れて活動を見てみたい!合宿で会っていない仲間と話してみたい!と思いました。

そしてそこからの行動がすばやかったです!
すぐにフェリーのチケットを予約しました。
時間の関係上、今回は熊本と宮崎には行けませんでしたが、大分で1泊、福岡で1泊してきました。
*写真は、フェリーから写した神戸の夜景。
c0030032_1491280.jpg




フェリーで大分に着いた1日目は、大分・別府は温泉の町!ということで、むし風呂に連れていってもらいました。
別府はあちらこちらに温泉が沸いていて、APUの学生さんは毎日のように温泉を満喫しています。羨ましい★★
むし風呂のおばちゃんに、傘をちゃんと傘立てに直しなさいと怒られたもですが、そういう他人であるおばちゃんがよその子を怒るという、温かいコミュニティが残っているのが何ともいい!
むし風呂で、体中の老廃物を出し切って、その後、別府名物の温玉うどんとむしプリンをいただきました。
その後、髪の毛も濡れたまま、APUへ訪問!(APUでは温泉行って大学、なんて当たり前だそうです)
*写真は、かごさえ借りれば、何でも蒸すことが出来る釜。温野菜や温泉卵などなど。
c0030032_15029.jpg


その日、異常に霧が発生しており、半径10メートル以内しか前が見えません!
それなのに、バスも車もみんな慣れていて運転はお茶の子さいさい。
怖かったです。
APUは山のほうにあるので、もっと霧は強いのです。。
c0030032_1511654.jpg


APUの校門に入って、人がやっと見えてきたのは、生協がある建物に着いてから。
さすが、国際学生が全校生徒の半分ってこともあって、色んな国の言葉飛び交っていました。
生協見学もさせていただき、生協にあるフェアトレード商品コーナーでは、カレーやカレーの作り方、PEPUPのマンゴーやネパリバザーロのクッキーが設置されていましたよ。
APUの団体Ones'1のみんなが手がけているのですが、手作りのポスターに感動しました。

「微力だけれど、無力じゃない、少しずつ世界を変えていこう」
c0030032_151548.jpg


なんて勇気の湧く言葉なんだろう、と感動していました。
みんなのフェアトレードに対する想いが、この言葉からひしひしと伝わってきたような気がします!

その後は、読売新聞の特派員の方が講師に来られている授業に、もぐらせていただきました!
結構大教室で、受講生も溢れていました。
授業の内容は、まあまあ、、だったのですが、APUの学生さんはメディア関係を目指している人も多いらしく、授業を受ける姿勢は真剣です。
1時間弱の講演後、学生からの質問タイム。
うちの大学(龍谷大学)に比べて、積極的に質問する姿に驚きました!!
みんな問題意識を強く持っていて、質問内容も、講師の方を困らせるくらい鋭いもの。
すばらしい!!

授業終了後は、Ones'1の仲間と一緒にお鍋パーティーをしました★
みんな私を気持ちよく歓迎してくれて、本当に嬉しかったです!
みんなフェアトレードだけの活動しているわけではないので、忙しくてこれない子もいたのですが、時間を作ってきてくれた子もいたりして、感激しました!
今年初のお鍋だったので、とーっても美味しかったです♪

お鍋後は、色んなことについて語り合いました。
お酒飲んであまり覚えていませんが。。
自分の夢について語ったり、グローバル経済について議論したり・・・
とっても濃い話をしたような気がします。
そして、夜中に大分テレビ(フジテレビ)で、ap bankフェスの特集がやっていて、みんなで鑑賞。感動。
来年はブース出店したいねーと盛り上がりました★


APUの学生さんは、Ones's1に限らず、みんな熱いです!
フェアトレードに限らず、多様な活動をされているし、環境や地域活性化などなど、学生全体が何かしらの活動されています!
まだまだ新しい大学なので、みんなで大学や地域を創っていこうという思いもあるし、町を少しあるけば誰か友人に会うという小さい町なので、結束力もあるだなと思います!
情報も少ないはずなので、自分たちで積極的に外に出て行くというフットワークの軽さもあります。
自分たちで主体的に何かを創ろうという問題意識の高さは、もっと私にも必要であるなと思いました。


そして、寝たのは4時くらい。
2時間だけ寝て、福岡へ。。


続きは、福岡編で。
お楽しみに!!


文責:山根 実紀
[PR]
by ftsnkansai | 2005-10-20 02:00 | ■FTSNコラム